ビジネスでよく使われる「割り算」とは

 
投資やインターネット広告などで数字をあつかう際、四則演算の中で最もよく用いるのが「割り算」です。

たとえば不動産投資であれば建物や土地の㎡単価を出すときに使いますし、

インターネット広告ではクリック単価を出すときなどに「割り算」を使います。
  

投資行動をするときは、いろんな案件を「比較」しないと投資判断ができません。

その材料となるのが単位をそろえた上での価格です。

そんな理由から投資活動ではしょっちゅう「割り算」を使います。
  

経営数学においては別の意味で「割り算」を使うことが多くなると思います。
 
 

RA
ビジネスに出てくる四則演算の中では、おそらく「割り算」の出現頻度が最も高いのではないかと思います。
えっ、ホントですか?割り算のできない大学生もいるみたいですけど。
RA
 
RA
今回は、ビジネスでよく使われる「割り算」について話したいと思います。
楽しみ~
RA