クライアントの真の要求を理解する

本当の要求を理解するということ

お客さんはなかなか本当の要求をハッキリとは言ってくれません。
お客さん自身が、本当の要求をきちんと把握できていないケースも多く見られます。

「現状、何が起こっているのか。」
「一体それの何が問題なのか。」
そういった現状分析や問題把握の視点が大切になります。

要求理解の必要性

「どんなサービスを提供すればお客さんの要求がかなえられるのか?」
そこへたどり着くためには、適切な論点(イシュー)を抽出する必要があります。

要求理解するための6つの問い

関連記事

  1. いま求められているのは?